鍼灸治療

鍼灸師になりたいなら専門学校に通おう!

腕をあげる鍼灸師と患者

鍼灸師という職業をご存知でしょうか。鍼灸師とは、鍼(はり)や灸を使って、体の不調を改善する仕事です。若い方でも鍼灸師に興味を持っている方は少なくありません。
しかし、鍼灸師は鍼や灸を患者の体に使うため、専門的な知識と技術が欠かせません。鍼を打つ場所、灸を置く場所を見誤るわけにはいかないからです。不調の改善どころか、別の不調を起こしてしまう可能性もあります。
また、患者の症状を聞き、どのように処置したらいいかという判断能力も必要になります。どの場所に、どのくらい置いたらいいのか、患者の質問にも答えられなければなりません。
そこで肝心なのは、鍼灸師としてのスキルをどこで学ぶかということです。鍼灸師を目指す方のための学校では、これらの知識や技術を十分に学び、実力をつけることが可能です。プロである先生もいるため、疑問に思ったことは解決していくこともできます。
また、学校ならではのメリットもあります。それは、同じ夢を持つ仲間に出会えるということです。在学中は助け合い、教えあい、卒業してからは鍼灸師としての悩みを共有しながら解決していくことで、お互いの大きな成長につながることでしょう。
鍼灸師として働きたいと考えているなら、鍼灸専門学校に通いましょう!

鍼灸師になるためには国家資格が必要!専門学校で取得しよう!

将来鍼灸師になりたい方や、手に職を持ちたいと思っている方がいらっしゃると思います。
鍼灸師になるためには国家資格が必要です。しっかりと学んで技術を培っていかなければ国家資格を取ることができない職業です。
将来の目標が決まっているのであれば、鍼灸専門学校に通うことをおすすめします。
鍼灸師になるための学校としては専門学校、もしくは4年生大学の専門課程で就学し国家資格を取る必要があります。
では専門学校に行くメリットと大学に行くメリットをお伝えします。
専門学校のメリットは、当たり前ですが専門的な学習ができることです。そのため3年で卒業ができますのでスムーズに国家試験に合格することができれば最短で3年で鍼灸師への道ができます。国家資格合格のために綿密なスケジュールが組まれているところも特徴です。
次に大学に行くメリットは、専門的な知識だけでなく一般教養が学べるところです。そして、大学卒業の経歴を得られるため一般企業への就職の幅も広がることです。

どちらの選択を塩てもいいと思います。しかし、鍼灸師になりたいという明確な目標を持っている方や、できだけ早く働きたいという方は鍼灸専門学校へ行くことがおすすめです。

鍼灸専門学校に行くメリットは?針灸は受験資格が厳しいのがポイント

鍼灸専門学校に通うメリットは、卒業と同時に鍼灸の受験資格が得られることです。一部では按摩マッサージ指圧の受験資格を取得可能で、試験に合格することで初めて資格を手のに入れることができます。受験資格を取得するためには専門的な学校や教育施設3年以上通う必要があるため、独学で取得すること自体ができないのです。専門的な資格であることから需要も強く、独立開業も視野に入る資格であることが魅力です。
医師などの医療系の資格に対して取得のハードルが低く、取得にかかる期間が短く済むのも魅力になります。受験資格を得られても試験に合格しなければ資格取得ができないことになりますが、筆記中心の試験で合格率が高いことも特徴です。
また、鍼灸について学べる専門学校が多いのも大きなメリットになります。全国各地に専門学校があり、住む地域を問わずに学ぶチャンスがあります。学習の意欲があっても近くに専門学校や大学がないことから道を諦めざるを得ないケースもあるため、選択肢が多いのは大きな魅力です。都道府県によっては複数の専門学校から選択することも可能になります。
カリキュラムだけでなく通いやすさなどを基準に選ぶこともできるようになっているのです。


鍼灸の資格をとりたいけど、時間がないという方は夜間部のある鍼灸学校の「東洋鍼灸専門学校」を検討してみてはいかがでしょうか?様々な実績を持っている学校なので、充実した学生生活を送ることができると思いますよ。

INFORMATION